競輪の賭式を覚えよう!

競輪は観戦しているだけでも充分に楽しい競技です。
でも、観るからには、やっぱり賭けたいですよね。
それに、競輪の魅力の一つは、高配当が多い点にあります。
車券は100円から買えますし、少しでも賭けておけば、レースをより一層楽しめます。
賭式には色々な種類があります。
初めて挑戦される方は、良く分からないかもしれません。
そこで今回は、初心者の方にも分かりやすい、基本的な賭式の解説をしたいと思います。
1、3連単・3連複正式名称は「3連勝単式」「3連勝複式」です。
3連単は3着までの選手を着順通りに当てる方式です。
一方、3連複は着順に係わらず、3着までの選手を当てる賭式です。
競輪賭式の花形はなんといっても3連単!1万円以上の配当が当たり前、10万円近い配当もそれほど珍しくありません。
ときには100万円を越えるケースだってあります。
それもそのはず、的中確立は504分の1!まず当りません。
買う場合は数パターン買っておくのがオススメです。
3連単に比べ、3連複はぐっと当てやすくなります。
確立は84分の1、その分、配当が安くなるのはしかたないですね。
そうは言ってもこの3連複、決してあなどるなかれ!配当が数千円、1万円を超えることもワリと多いです。
競輪は荒れるレースが多いです。
着順がミリ単位で決まることもしばしば。
保険的に買っておいた3連複が的中しちゃう場合もあります。
3人を選ぶスリルも味わえ、個人的には初心者にもオススメの賭式です。
2、2連単・2連複単式、複式の意味は上の3連と同じです。
こちらでは2人の選手を選びます。
競輪に限らず、公営ギャンブルでは定番の賭式です。
競輪には“ライン”という、独特のシステムがあります。
いわばチーム戦なのです。
そこで、1番強そうなチームを選び、その中の上位2人を選べば的中するかもしれませn。
配当は3連に比べてずっと低くなります。
でも、それに比例して、的中確立は高くなります。
1枚(100円)だけでなく、数枚買っておけば、意外な収入を得られるかもしれません。
3、2枠単・2枠複・ワイド競輪は主に9人の選手で争われます。
レースによって、その9人を“枠”で分けています。
1番と2番は1枠、3番と4番は2枠という具合にです。
2枠単・複は、この枠番から投票する賭式です。
ワイドは3着までに入る選手を、着順に関係なく2人選びます。
これらの賭式は、配当が下がる分、的中率は格段に上がります。
つまりは最も当てやすい賭式です。
競輪の魅力が高配当とは言っても、当らなければそれまでです。
あまりハズしてばかりだと、面白くなくなってしまいます。
初めて車券を買う方は、枠やワイドで投票して、的中の楽しさを得るのも良いと思います。
ハズレが続いているときに、流れを変えるのにも良い賭式です。
基本的な賭式を解説してみました。
他にも色々な賭式があります。
ネットで賭式詳細は調べられますし、競輪場でも詳しい解説が掲示されています。
本命を3連単で買い、同時に大穴を2連複で買ったりと、投票パターンを工夫するのも楽しいですよ!自分なりの“投票パターン”を決め、競輪をより一層楽しみましょう!